RC煙突外部工事

コンクリート製煙突の筒身を守る
耐震補強工事

筒身外部の劣化やひび割れなどの問題が引き起こす、部分剥離や部分脱落による
煙突周辺設備の損傷などを防ぐために、定期的な点検調査が必要です。
低価格材を使用した剥落防止処置や、炭素繊維シートを使用した耐震補強工事を施工します。
自社製ゴンドラにて安全はもちろん、高品質・高効率な耐震補強を実現します。

炭素繊維耐震補強

事前に耐震診断を行い、必要な補強量を割り出します。煙突外部面の劣化部の補修後に炭素繊維シートを貼り、耐震補強を行います。煙突外部にドーナツ型ゴンドラを設置し、安全で効率よく施工します。

  • クラック補修をしている様子

    クラック補修

  • 剥離補修をしている様子

    剥離補修

  • 専用の機具を用い、引張試験を行っている様子

    引張試験

  • 炭素繊維シートを縦張りしている様子

    炭素繊維シート(縦張り)

  • 炭素繊維シートを横張りしている様子

    炭素繊維シート(横張り)

  • 炭素繊維で補強した煙突の周り

    炭素繊維補強完成

炭素繊維による耐震補強の流れ

  • 耐震診断

  • 補修方法・材料の選定

  • ドーナツ型ゴンドラ仮設

  • RC損傷部補修

  • プライマー塗布

  • 下地調整

  • CFシート貼付け

  • パテ処理

  • 塗装

  • 完了

    炭素繊維による耐震補強が完了した煙突

RC調査(コアリング他)

点検用ゴンドラを設置し、目視調査、打音診断・コアリング診断・反発硬度診断などを実施後に、展開図や報告書にて今後の保守管理の提案も行います。不具合箇所については、補修方法の選定や補修費用の積算も行います。

  • コアリング作業をしている様子

    調査(コアリング作業)

  • 反発硬度を診断している様子

    反発硬度診断